おでんの肉は牛すじ以外で代用できる?入れると美味しい肉を紹介!

家庭には、頑張って作ったおでんを食べ盛りの子供や美食家の旦那さんが楽しみにしている家庭もあるでしょう。しかし、時々「おでんかぁ…」とがっかりされることはありませんか?

おでんには練り物や野菜がたくさん入っていますが、それでも何か物足りない感じがすることがあります。その理由はおそらく、肉が入っていないからではないでしょうか?

確かに、おでんのだしは練り物からもたくさん出ていますし、それだけでもおいしいのですが、男性にとってはやはり肉が欠かせないことがあります。おでんがおかずにならないと言われてしまうこともありますよね。

そこで、家族みんなが大喜びする、がっつり系おでんの具について調査してみました。新しいアイデアを取り入れて、おでんをもっと楽しんでみてくださいね!

おでんの牛すじ以外で代用できる肉系の具材

おでんの王道、牛すじですが、実は多くの人が苦手と感じていることでしょう。

我が家でも夫は食べるのですが、子供たちはあまり好みません。

そして、市販の牛すじは国産でないものばかりで、どうしても購入をためらってしまいます。

国産の牛すじは高価で入手困難なこともありますからね。

そこで、牛すじの代わりになる具材として、以下のアイデアがおすすめです!

1. 鶏団子:鶏から取れる良いだしがおいしいです。特に、小さな子供たちは柔らかくて食べやすいので、我が家では必ず入れます。

2. 鳥の手羽先・手羽元:しっかり煮込むとトロトロに美味しくなります。手羽元は、あらかじめ下茹でしてから使うとあぶらでベタベタになりません。手間がかかりますが、下処理する価値があります!

3. ウィンナー:子供たちにも人気があります。おかずにもなり、おすすめです!

4. 豚肉バラブロック:しっかりとした食べごたえがあります。適当な大きさに切って、フライパンで焼きます(この時、油はひきません)。焼けたら、たっぷりの水で肉を茹でましょう。時間はかかりますが、美味しいです。圧力鍋を使うと時短できます。

5. ロールキャベツ:手作りは絶対においしいですが、手間がかかりますよね。ですから、お店で売っているものを使うこともあります。

その他にも、水餃子用の餃子、ベーコン(かたまり)、牛バラ、スペアリブ、焼売、鶏皮などがおすすめとの意見もありました。おでんの具材を工夫して、家族みんなで楽しい食事を楽しんでくださいね!

おでんに餃子を入れるのは九州?おでんには地域性があって面白い!

餃子巻き、これは九州特有のおでん具材かもしれませんが、実に美味しいですよね。

また、九州以外でも美味しいおでん具材がいくつかあります。

1. 豚足:沖縄特有の具材で、出汁も独特の風味を持っています。おでんに豚足を入れると、違った味わいが楽しめます。

2. カニ面(メン):テレビで見たことがあり、その美味しそうな姿に魅了されますね。カニ面は贅沢なおでんの具材として楽しめます。

3. ホタテ:北海道地方では、魚介系の具材をおでんに入れることが一般的です。ホタテのプリプリとした食感は贅沢さを演出してくれます。

地域ごとのおでんのアレンジや具材の違いが、日本の多彩な食文化を感じさせますね。是非、これらの具材を使って、地域ごとのおでんの味を楽しんでみてください!

おでんの肉は牛すじ以外で代用できるかまとめ

おでんの肉は、牛すじ以外でも美味しい具材を使うことができます。以下は私のおすすめです:

1. 鶏肉(鶏団子、鳥の手羽元・手羽先):鶏肉を使うと、さっぱりとした味わいになります。鶏団子や手羽元・手羽先は特におすすめで、子供たちも喜ぶことでしょう。

2. ウィンナー:ウィンナーは子供たちにも人気があり、おでんに入れるとアクセントとして楽しいです。

3. 豚バラ肉:豚バラ肉を使うと食べ応えがあり、コクのあるおでんが楽しめます。

4. ロールキャベツ:手作りのロールキャベツは時間がかかりますが、贅沢な味わいを楽しめます。お店で売っているものを使うこともできます。

特に、小さなお子さんがいる場合は、彼らが好きな具材を加えると、食事がより楽しくなることでしょう。また、おでんは地域によって具材が異なることがあり、他の人々からアイデアを得ることも楽しいです。おでんをアレンジして、家族や友人と楽しい食事を共にしましょう。私も結婚前は肉なしのおでんしか食べたことがありませんでしたが、試行錯誤を経て、美味しいおでんの作り方を見つけました。これからもさまざまなアイデアを試して、楽しいおでん作りを楽しんでいきたいと思います!^^

タイトルとURLをコピーしました