湯たんぽカバーを代用するなら何がいい?手作りや生地のおすすめを紹介!

湯たんぽカバーの代用品について、あまり派手ではないけれど、ほっこりと温かさを提供する湯たんぽが、なんとなく今も人気を保っていますね。

ただし、湯たんぽを直接肌に当てると、低温やけどのリスクがあるため、カバーは必須アイテムです。

湯たんぽカバー専用でなくても、家にある古着やタオルを代用することができます。ここでは、いくつかの代用品をご紹介します。

湯たんぽカバーの代用になるもの

湯たんぽを持っているけれど、専用のカバーが手元にない場合、家の中を探してみてください。長袖のフリースやセーターなど、あまり着る予定のない服でも、湯たんぽを包むことで素晴らしい湯たんぽカバーになります。

長袖の服なら、袖を巻き付けることで湯たんぽが外れる心配がありません。また、大きめのタオルも便利な代用品です。湯たんぽ全体を包み、ひもなどでしっかり結べば、湯たんぽカバーの出来上がりです。

細長い湯たんぽには靴下が適しています。ハイソックスに湯たんぽを挿し込み、飛び出さないように口をしっかりと縛れば、湯たんぽカバーの役割を果たします。

湯たんぽ自体が熱くなるので、カバーには厚手の生地を選ぶことが重要です。低温やけどを防ぐために、湯たんぽを使う際にはカバーを使用することをお忘れなく。

湯たんぽカバーは必要?

湯たんぽを使用する際には、必ずカバーを使用することが重要です。カバーがないと、低温やけどの危険性が存在します。

低温やけどは、急に熱さを感じないため、通常のやけどよりも深刻になることがあります。肌が40度程度の温度に3時間も触れ続けると、低温やけどのリスクが高まると言われています。

低温やけどは肌の深層にダメージを与えるため、肌の色が変わったり、痛みを感じた場合は、速やかに医療機関を受診することが大切です。

湯たんぽカバーは低温やけどを防ぐための必需品であり、薄い生地ではなく、フリースやセーターなどの厚手の生地を選ぶことをお勧めします。

湯たんぽカバーがない場合でも、布団の中に湯たんぽを入れて寝る前に使うことで、安全に温かさを楽しむことができます。早めの対策を取ることで、低温やけどの心配を軽減できます。

湯たんぽカバーを自作する方法

しかし、やはり温かい湯たんぽを一緒に持ち寝したいと思うことでしょう。湯たんぽカバーが手元にない場合、服やタオルで包むことで湯たんぽカバーの代わりにすることができます。ここでは、家にある材料を使って自作する方法を紹介します。

タオルでのカバー

1. 湯たんぽが収まるくらいの大きなタオルを選び、それを二つ折りにします。
2. 左右の端を縫い合わせます。
3. 上部を折り返し、紐が通るスペースを残して縫い合わせます。
4. 筒状の部分にひもを通したら、湯たんぽカバーの完成です。紐を通すのが難しい場合、スナップボタンなどを取り付けて留めることもできます。

タオルと風呂敷でのカバー

縫うのが得意でない場合、包む方法もあります。

1. 厚手のタオルで湯たんぽをしっかり包みます。
2. そのまま風呂敷の上に乗せ、風呂敷で縛ります。
3. この方法なら、寝ている間でも湯たんぽが出てしまう心配はありません。

古着でのカバー

着なくなった服や、傷んだ服でも湯たんぽカバーとして再利用できます。

1. お気に入りの柄が湯たんぽの中央に来るように服をカットし、生地の周囲を縫って袋状にします。
2. 裾の部分に紐通しを付けたら、立派なカバーの完成です。
3. 裁縫が苦手な場合、首の部分だけを縫ってふさぎ、湯たんぽを入れ、長袖の部分を紐代わりに使うこともできます。

湯たんぽがカバーから飛び出さないように、しっかりと口を閉じるためのサイズを選びましょう。縫うのが難しい場合、布用ボンドやテープを使用しても良いでしょう。これなら子供たちでも楽しみながら気に入った生地で湯たんぽカバーを作ることができます。

まとめ

寒い季節になると、湯たんぽの暖かさが本当に心地よいですね。

湯たんぽカバーが手元にない場合でも、家にあるお気に入りの服やタオルを利用して、自分でカバーを手作りすることができます。こんな風にして、今夜は心地よい眠りを楽しむことができます。

タイトルとURLをコピーしました