ハイミーは代用できる?味の素やトマト缶が代わりになるか詳しく解説!

この記事では、ハイミーの代用品について紹介します。急にハイミーが手に入らない場合に役立つ情報ですので、ぜひ参考にしてください。

ハイミーの使い方は?必要機能や使うタイミングを解説

ハイミーは、料理のうま味を引き出す調味料です。出汁の代わりに手軽に使うことができます。例えば、料理に時間がないときや手間をかける余裕がないときに便利です。料理の味を引き立たせるために使用され、カップラーメンの味をアップさせたり、煮込み料理の仕上げに加えたりすることができます。そのため、手軽でありながら料理の味を向上させることができる優れた調味料です。

ハイミーの代わりになるもの、代用品のおすすめまとめ

それでは、各代替品について解説していきます。

フレーブ:
フレーブは、ハイミーと同様にこんぶやかつお節などのうま味調味料で、使い方もほぼ同じです。唯一の違いは、製造メーカーによる味の違いです。使用感はほとんど同じで使いやすく、味や風味にはわずかな違いがありますが、どちらもおいしいと感じられるでしょう。

味の素 まる鶏がらスープ:
まる鶏がらスープは、出汁の代わりとして使います。例えば、味噌汁を作る際にお湯を沸騰させてまる鶏がらスープを加え、その後に具材を入れて煮込み、最後に味噌を加えます。ハイミーとの違いはほとんどありませんが、個人的にはまる鶏がらスープの方がコクがあって好みだと感じます。

昆布茶:
昆布茶も同様に使います。汁多めの料理に加えることが一般的ですが、多めに加えると味に違和感が生じることがあるため、控えめに使用するのがポイントです。

味の素 KK中華あじ:
KK中華あじは煮物系に最適で、料理にコクと旨味を与えます。いつ投入しても問題なく、最初でも最後でも使えます。価格の面でも魅力的で、値上がりした代替品として採用した経緯があります。

トマト缶:
トマト缶は完全な代替品とは言い切れませんが、うまみ成分を含んでいます。料理によっては多めに使用する必要があり、コツが必要ですが、煮込み料理などで使うことでハイミーと同様の効果を得られることがあります。ただし、手軽さの面ではやや劣ります。

各代替品にはそれぞれ特徴があり、料理や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

ハイミーの正規品の買える場所、販売店とおすすめブランドまとめ!

もし、本記事で紹介した代替品が全て手に入らない場合は、やはりハイミーを購入することをおすすめします。

ハイミーは一般的な商品で、コンビニやスーパーなどの多くの場所で手に入ります。また、ネットショップでもさまざまな種類が販売されていますので、時間に余裕がある際はオンラインでの購入も検討してみてください。

ハイミーの中でも特におすすめのブランドとしては、味の素の製品があります。味の素は信頼性が高く、多くの店頭でも見かけることができるため、安心して使用することができます。

タイトルとURLをコピーしました