網戸の代わりになるものや代用品は?100均やニトリで買えるかも解説!

この記事では、網戸が手元にないときの代替品や代用品について紹介します。突然の網戸不足に備えて、ぜひ参考にしてください。

網戸の使い方は?必要機能や使うタイミングを解説

まず、網戸とは窓に取り付ける網目状の扉のことです。風は通しますが、虫は通さないという性質があり、換気に最適です。

網戸の代わりになるもの、代用品のおすすめまとめ

それでは、それぞれの代替品や代用品について見ていきましょう。

すだれ

すだれは、窓に簡単に貼り付けられ、使いたいときに広げて使用できます。風通しは良好ですが、虫は侵入してしまうため、主に日よけとして利用されます。また、劣化した際の処分が手間になることがあります。

防虫ネット

100均で手に入る防虫ネットは、カットして窓に貼り付けることができます。色やメッシュのサイズのバリエーションが豊富で、好みに合わせて選ぶことができます。また、好きなサイズにカットして使えるため、部分的な窓の網戸不足や破損にも対応できます。

夏用のシーツ

夏用の薄手シーツは、大抵の窓に適用可能で、光や風を通すことができます。主にカーテン代わりとして使用されることがあります。窓を完全に閉めずに風通しを確保できるため、暑い季節に重宝します。

不織布

不織布は窓に合う大きさに切って、テープで貼り付けることができます。網戸のない窓に簡易的に使用できますが、風の通りがあまり良くありません。虫を防ぎながらも、ある程度の暗さを伴うため、明るさが欠ける場合があります。

三角コーナーのカゴネット

三角コーナーのカゴネットは、カゴに被せるネットを切り広げて窓サイズに合わせ、テープでつなぎ合わせて使用します。しかし、微風でも強い圧力を受けて剥がれやすく、つなぎ目もほどけやすいという欠点があります。

マグネット式網戸

マグネット式網戸は、枠がなくマジックテープを窓枠に貼り付けて使用します。真ん中が分かれており、磁石でつながるため、出入りが多い場所に適しています。しかし、窓サイズと合わない場合や、大きすぎる場合にはカットが難しく、使い勝手に課題があります。

蚊帳カーテン

蚊帳カーテンは、カーテンのフックや両面テープを使って窓に取り付けます。蚊を防ぎながらも、窓からの風通しを確保できるため、一人暮らしのアパートなどで活躍します。

メッシュ素材の布

メッシュ素材の布は、画びょうで窓に固定して使用します。虫の侵入を防ぎつつ風を通すことができますが、見た目が悪く、四方をしっかり固定しないと使いにくい点があります。

バスタオル

バスタオルは、窓サイズに合わせて繋げて使用します。風は通りにくいですが、虫の侵入を防ぐことができます。ただし、風が強い場合は窓の枠にしっかりと留める必要があります。

ロール式サンシェード

ロール式サンシェードは、窓のサッシ上部に取り付けて使用します。日光を遮る役割と同時に、細かい目の布生地で蚊を室内に入れないようにします。洋風のリビングなどに最適で、夏には欠かせないアイテムとなります。

これらの代替品や代用品は、それぞれの特徴や使い勝手に留意しながら、網戸の代わりとして活用できるでしょう。

網戸の正規品の買える場所、販売店とおすすめブランドまとめ!

網戸を購入する際の買い物先やおすすめブランドについて、以下の通りです。

買い物先
網戸を購入する際にオススメの買い物先は、次のような場所です:

ホームセンター
ネットショップ
おすすめブランド
網戸を選ぶ際におすすめのブランドには、以下のものがあります:

Teenitor:黒網部分が黒色で視界が良く、網の部分が細かくて丈夫です。
LIXIL:いろいろなサイズに対応し、安心感があります。
YKK:信頼性が高く、中古品でも問題ありません。
RESTA:1mm単位でオーダー可能で、取り付けが難しい窓にも対応します。
ダイソー:コスパが良く、虫がつきにくい防虫網がおすすめです。
マグネット網戸カーテン:取り付けが簡単で女性でも使いやすいです。
グラスファイバーネット:燃えにくく丈夫な素材で、安全性が高いです。
これらのブランドや商品を検討する際には、自身のニーズや窓のサイズに合わせて選ぶと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました