くちなしの実の代用はスーパーにある?栗きんとんの色付におすすめを紹介!

栗きんとんの色付けには、くちなしの実が使われることがありますが、それ以外にも代用品はあるのでしょうか?スーパーで手に入るか気になりますよね。

栗きんとんはおせち料理の中でも人気があり、黄金色に輝く姿は商売繁盛や金運上昇の象徴とされています。くちなしの実で色を付けることが一般的ですが、実際にくちなしの実は身近にはあまりありません。

そこで、栗きんとんの色付けの方法やくちなしの実の代用品について、ご紹介します。

栗きんとんの色づけってどうやるの?やらないとダメ?

栗きんとんの美しい山吹色のような黄色は、乾燥したくちなしの実を使用して着色します。

くちなしは6月頃、甘い香りを放つ美しい白い花を咲かせます。花が散ると青い実が現れ、冬には赤い実になります。

乾燥したくちなしの実からは、「くちなし色素」と呼ばれる食品用色素が得られます。

くちなし色素は、身近な料理で例えば沢庵漬けの着色に使われます。沢庵の黄色はくちなしの実から得られる色素です。

栗きんとんを着色する方法は以下の通りです。

栗きんとんを着色する方法:

1. さつまいもを茹でる際にくちなしを入れる方法:

– さつまいもを皮ごと輪切りにし、灰汁を抜くために水にさらします。
– くちなしの実を洗って、外側の硬い部分を割ったり砕いたりしてお茶パックなどに入れます。
– 輪切りにしたさつまいもとくちなしの実を水でゆっくりと茹でます。
– 茹で上がったさつまいもは、鮮やかな黄色に染まります。

2. さつまいもを下茹でする際にミョウバンを使う方法:

– さつまいもを下茹でする前に、ミョウバンで下茹でします。これにより色が安定し、煮崩れしにくくなります。

3. 味醂にくちなしで色づけする方法:

– 砕いたくちなしの実を味醂に一晩漬けます。
– さつまいもをつぶした後に、漬けたくちなしと味醂を加えます。

これらの方法で着色された栗きんとんは、鮮やかで濃厚な黄色に仕上がります。

もちろん、くちなしを使わずに、さつまいもと栗だけで作る栗きんとんも美味しいです。自分の好みに合わせて、色づけの有無を選んでください。

栗きんとんでくちなしの実の代用ってできるの?

栗きんとんの色付けにくちなしの実の代替品はありますか?一押しの選択肢は何でしょうか。

くちなしの花は白く、甘くて豊かな香りが特徴ですが、実は鮮やかな朱色で、ほとんど香りも味もありません。

くちなしの実から得られる黄色は、主にクロシンという成分によるものです。

くちなしの実の代替品として、サフランが挙げられます。

サフランも黄色の着色料として使用され、栗きんとんを着色するのに適しています。

ただし、サフランには独特の香りと渋みがあり、栗きんとんに使用すると好まれない場合があります。

ターメリックも黄色に着色しますが、特有の風味があり、栗きんとんには向いていません。

また、合成着色料の黄色を使用することもできますが、健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、使用を避けることをお勧めします。

栗きんとんの着色には、栗きんとんの味や香りを損なわない、くちなしの実が最適です。

くちなしの実が手に入らない場合は、無理に代替品を使用せず、着色を行わずに作ることをお勧めします。

くちなしの実ってどこで売ってるの?

くちなしの実は、スーパーや香辛料、ハーブ売り場で、乾燥した実が5個程度入った袋で手に入ります。

くちなしの実は古くから香辛料として利用されてきました。黄色の着色料として使われるほか、漢方薬としても重宝されています。

漢方薬としては「山梔子(さんしし)」と呼ばれ、解熱、鎮痛、止血などの効能が知られています。漢方の店では山梔子として探すことができますし、オンラインショップでも購入可能です。

また、庭にくちなしを育てている場合は、自家製のくちなしを作ることもできます。

1. 冬の初めに赤く色づいたくちなしの実を摘み取り、水で洗って水分を拭き取ります。
2. ざるにくちなしの実を広げ、風通しの良い日陰で乾燥させます。
3. しっかりと乾燥させたら、保存する際は湿気を避けるようにしましょう。

まとめ

おせち料理の一つである栗きんとんは、その鮮やかな黄金色が目を引き、新年の幸先を祝うのに最適な料理です。

くちなしの実は栗きんとんの着色に用いられますが、これは古くから着色料としてだけでなく、生薬としても利用されています。精神安定や充血、喀血などの治療に役立ち、合成着色料と異なり体に害がないので安心して使用できます。

山吹色に似た鮮やかな黄色は、乾燥させたくちなしの実を水に漬けたり、煮だしたりして着色します。ただし、くちなしの実は手や服につくと取りにくいので、取り扱いには注意が必要です。

くちなしの実は黄色の着色料として使われる一方で、発酵させると「クチナシ青色素」として青い色も出すことができます。布などを染める際にも利用できるので、試してみると面白いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました