バイクジャッキは代用できる?代わりで使えるおすすめや自作できるかも詳しく解説!

最近、私は休日ごとにWR250Xのメンテナンスに取り組んでいます。チェーンの調整やホイールの磨きなど、これらの作業はリアホイールを浮かせなければならず、簡単には行えません。

そこで、バイクのメンテナンスやパーツ交換に不可欠なアイテムがあります。それが「センタースタンド」や「メンテナンススタンド」です。

特にタイヤやチェーン周りのメンテナンスを行う際には、メンテナンススタンドを使ってタイヤを浮かせることで、タイヤを回転させて作業することができ、非常に便利です。

タイヤ交換などの作業では、これらのアイテムは必須です。

ただし、メンテナンススタンドやバイクジャッキはかなり高価であり、かさばるため保管場所に困ることがあります。

そこで、タイヤを浮かせるだけのツールとして、「鋼製束」というアイテムがあることがわかりました。これを使用すると、簡単にバイクをジャッキアップすることができます。

バイクジャッキの代用に鋼製束を使ってバイクの車体を持ち上げる

鋼製束(こうせいづか)とは、建物の床を支えるための構造材であり、漢字の読み方が難しいですが、「鋼製束(こうせいづか)」と呼ばれます。

これは、鋼製で作られており、床の荷重を地盤に伝える役割を果たす建築資材です。通常、バイクのメンテナンスには使用されないものであり、ホームセンターなどで建築用資材として販売されています。

Amazonでもさまざまな種類の鋼製束が販売されていますし、ホームセンターでも様々な長さや形状のものが入手できます。

では、この鋼製束をどのようにしてバイクのメンテナンススタンドの代わりに利用するのでしょうか?

長さによりますが、WR250Xを持ち上げるのに適した鋼製束が一つ400円程度で入手できます。これを2つ使用してWR250Xを持ち上げてみる予定です。

仕組みは単純で、真ん中のバーを回すと上に伸びるような仕組みになっています。この伸縮機能を利用してバイクを持ち上げるというわけです。

地面に置かれた2つの鋼製束の上で、バランスよく車体が持ち上がるかどうかがポイントになります。

実際に鋼製束でWR250Xのタイヤを浮かせてみました

鋼製束を使用して車体を持ち上げる手順は、スイングアームやフレームの下に鋼製束を配置し、鋼製束の真ん中のバーをスパナなどで回していくことです。

作業する際には、平坦な場所で行うことが重要です。坂道や凸凹のある場所では安定感が損なわれ、バイクが倒れる可能性があります。鋼製束が斜めになると、バイクが持ち上がった際に不安定になるため、地面と垂直に設置することが大切です。また、鋼製束の長さを揃えることで、安定性が向上します。

作業が安定しているかどうかは、車体を揺らしてみて確認します。

作業のポイントは以下の通りです。

– 地面が水平で凸凹のない場所で作業する
– 左右の鋼製束をできるだけ同じ長さにする
– バイクを浮かせた後は、下に台を設置する

鋼製束を使用すると、車体を持ち上げたり、リアタイヤを浮かせたりすることができます。具体的な作業内容は以下の通りです。

– リアタイヤ交換
– リアブレーキパッド交換・メンテナンス
– リヤショック・リンク周りのグリスアップ
– スイングアームのベアリンググリスアップ

しかし、鋼製束自体が細いため、安定感には欠ける場合があります。そのため、十分な安全対策が必要です。また、フレーム後方からリアタイヤを持ち上げる方法や、スイングアームから持ち上げる方法など、作業場所や目的に応じて適切な方法を選択することが重要です。

デイトナから鋼製束に似たイージーリフトアップスタンドが販売

デイトナやK-PARTSからは、イージーリフトアップスタンドという製品が販売されています。これは、鋼製束のスペシャル版とも言えるもので、軽いリア周りのメンテナンスに適しています。

この製品は、サイドスタンドと併用する必要がありますが、コンパクトで伸縮可能なので、置き場所にも困りません。

ただし、値段がやや高価ですので、「そこまでの出費はできないな…」という方には、鋼製束で代用するのも良い選択肢かもしれません。

一方で、イージーリフトアップスタンドを購入する余裕があり、置き場所もあるという方は、安価なメンテナンススタンドを試してみるのも良いかもしれません。

まとめ

主にリアホイールの清掃やチェーンのメンテナンスに使用しています。

この方法は、メンテナンススタンドのように瞬時にリアタイヤを持ち上げることはできませんが、慣れれば約3分でリアタイヤを持ち上げることができます。

800円程度の費用で購入でき、場所をとるメンテナンススタンドとは異なり、小さくて置き場所にも困りません。

ただし、安定感はメンテナンススタンドに比べて少ないため、リヤ周りのメンテナンス程度にとどめることをお勧めします。

スイングアーム交換やリヤショック交換などの重作業には向かないと思います。

バイクのリアタイヤを持ち上げるのに「鋼製束」を使って、メンテナンススタンドの代用するのは非常にお勧めです!

タイトルとURLをコピーしました