割りピンの代用品になるものは?ストローでも代わりになるのか詳しく紹介!

割りピンは、文書をまとめたり、手作りのプロジェクトでパーツをつなぐのに便利な道具です。

別名「ブラッズ」とも呼ばれ、DIY愛好家にはおなじみのアイテムです。

その形状は画鋲に似ており、足を広げて留めるタイプです。

しかし、割りピンは頻繁に購入するものではないので、どこで手に入るか不明な人も多いでしょう。

そこで、割りピンの入手方法や販売場所を調査してみました。ダイソーなどの100円ショップでも買えるかもしれません。

割りピンはダイソーなどの100均で買える?他にはどこで買える?

100円ショップ(ダイソー、セリア、キャンドゥ)では、ハート形や星形、アンティーク風など様々なタイプの分割ピンが見つかります。主に文具コーナーや手芸コーナーに置かれています。

ホームセンター(カインズ、コメリ、ナフコ、コーナンなど)でも、文具コーナーや手芸コーナーにて分割ピンを見つけることができます。

東急ハンズでは、さまざまな種類やサイズの分割ピンが取り扱われています。近くに店舗があれば、ぜひ訪れてみてください。

ユザワヤなどの手芸店でも分割ピンを扱っていますが、店舗によって品揃えが異なるため、事前に確認が必要です。

ドンキホーテやニトリでは分割ピンの取り扱いを確認できませんでした。

その他の店舗(家電量販店や文具店など)でも分割ピンの取り扱いがあるかもしれませんが、店舗によって異なりますので、通販の利用もおすすめです。

通販サイト(Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなど)では、多種多様な分割ピンを見つけて購入することができます。

割りピンの代用品はストローでOK!

割りピンがお店に売っていない場合、他のアイテムを代用することができます。以下にいくつかの代用品を紹介します。

1. 曲がるストロー:
工作やモデル作りなど、動きを付けたい場合にストローの曲がる部分を利用します。まず、取り付けたい部分に穴を開けます。次に、ストローを端から4つに切り分けます。これらの切り分けた部分を穴に通し、裏側からテープでしっかりと固定します。この方法により、ストローの曲がる部分が動きの中心点となり、工作に動きを与えることができます。このテクニックの大きな利点は、割りピンを使用するよりも安全性が高いことです。特に小さな子供がいるご家庭では、安心して楽しむことができます。ただし、ストローを切る際には切り口に注意し、怪我をしないように気をつけてください。

2. ボタンとワイヤー:
文書やカードを留める際には、割りピンの代わりにボタンとワイヤーが非常に便利です。まず、紙にワイヤーが通る大きさの穴を開け、その穴を通してワイヤーを使いボタンを紙にしっかりと固定します。安全のために、ワイヤーにはマスキングテープを巻くことをおすすめします。これらのアイテムは、100円均で手に入れることができるので、便利です。

3. ビーズと紐:
子供の工作やデコレーションには、ビーズと紐の組み合わせが最適です。この方法を取り入れることで、紙に装飾を施し、立体感を演出することができます。ビーズはサイズを調整しやすいため、紙工作をより魅力的にすることが可能です。

4. プラスチック製スナップボタン:
服や手芸などで使用されるプラスチック製スナップボタンは、割りピンの代わりに紙を固定するのに適しています。安全かつ実用的な選択肢であり、動くような工作にも適しています。使用する材料に応じて強度を調整しながら、しっかりと固定することができます。

5. ワイヤー:
ボルトやナットが緩むのを防ぐために、割りピンの代わりにワイヤーを使用することができます。特に自転車のような軽いものには最適です。ボルトやナットの間にワイヤーを何回か巻き付けることで、しっかりと緩みを防止することができます。

まとめ

割りピンは、100円ショップのダイソーやセリア、キャンドゥなど、さまざまな店舗やホームセンターで手に入ります。

さらに、Amazonや楽天などの通販サイトでも入手可能です。

割りピンは、様々な用途に活用できる便利なアイテムです。

DIYプロジェクトや書類の整理、修理作業などにも役立ちます。

必要な場合は、上記の情報を参考にして購入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました