ラードの代用品でおすすめは?バターやマヨネーズが代わりに使えるか解説!

代わりの食材としておすすめなのは、バターやマヨネーズです。ラードは中華料理でよく使われる豚の脂の一種であり、その独特の風味とコクが料理に欠かせない要素です。しかし、ラードが手に入らない場合でも代用できる便利なアイテムがあります。バターやマヨネーズを使うことで、ラードの代用として美味しい料理を作ることができます。

また、自宅でも簡単にラードを作ることができますので、その方法も後半でご紹介します。ただし、代用品である以上、完璧にラードと同じ役割を果たすことはできません。ですが、手軽に手に入る代用品を使って今日はしのぎ、次回からは本物のラードを用意しましょう!

ラードの代用になるもの

牛脂:白色の塊で、特殊な香りがあり、コクがあります。ラーメンやすき焼きなどに利用されます。

バター:家庭によく置いてある食材で、風味が香ばしく、コクがあります。炒め物やパスタ、お菓子に使われます。

ギー:南アジアでよく使われる食材で、純粋な脂肪分だけを集めた脂です。栄養価が高く、コクがあり香ばしいです。炒め物やパンに塗って食べたり、パスタ、お菓子にも利用されます。

マーガリンでの代用:

マーガリンも家庭でよく使用される食材で、バターよりもあっさりしていて塩みがあります。一般的にはパンに塗ったり、お菓子に利用されます。

ショートニングでの代用:

ショートニングはパンやお菓子作りで使われることが多いです。香りはなく、動物や植物の脂で作られたバター状の物質です。トランス脂肪酸が含まれるため、使用時は健康への影響を考慮しましょう。

ごま油での代用:

ごま油はごまから抽出される油で、ラーメンや餃子、炒め物など様々な料理に使用されます。カロリーは高いですが、オレイン酸が含まれており、健康効果や抗酸化作用があるとされています。

オリーブオイルでの代用:

オリーブオイルは地中海沿岸で広く使われるヘルシーなオイルです。エクストラバージンオリーブオイルとの違いは抽出方法や栄養成分の有無などです。用途によって使い分けることが重要です。

サラダ油での代用:

サラダ油はほとんどの家庭に常備されており、大豆やなたねなどの植物性油脂で、コレステロール値がゼロなのが特徴です。香りがなくさっぱりしているので、炒め物やソテー、フライなど幅広い料理に使用されています。

グレープシードオイルでの代用:

グレープシードオイルはぶどうの種から抽出された植物油脂で、動物性の脂と比べてクセがなくまろやかな味わいが特徴です。揚げ物などにおすすめです。

これらの代用品は、ラードの役割を果たすことができますが、それぞれ特徴や使い方が異なります。

ラードの代替え品で作る料理レシピ

ラードがなくてもご自宅で気軽に本格料理が楽しめるレシピを3つご紹介します。

1. 餃子:
餃子はご家庭でよく作る料理ですが、ラードや代替品を加えることで旨みを増し、より本格的な味に仕上げることができます!

2. ラーメン:
おうちで手軽に作れる生ラーメンも、スープに少し脂を加えるだけで麺との絡みが良くなり、ラーメン屋さんのような一品をご自宅で楽しむことができます!

3. ちんすこう(沖縄のお菓子):
ちんすこうやサーターアンダーギーは、ラードや豚脂を使うことが一般的ですが、ご家庭で挑戦するのは少し難しいかもしれません。

自家製ラードの作り方

ラードを自宅で作ることは考えにくいかもしれませんが、実は意外にも簡単に作ることができます。ラードは豚の脂を加熱し精製したものです。これを自宅で行えば、自家製ラードを手軽に作ることができます。以下、作り方の詳細をご紹介します。

自家製ラードの材料:

豚脂 100g
水   10cc
豚脂が手に入らない場合は、豚バラ肉の脂部分を使用しても構いません。水は豚脂に対して10%の割合で準備します。

自家製ラードの調理手順:

煮詰める:
豚脂と水を小鍋に入れ、約10分間加熱します。アクが出てくるので丁寧に取り除きます。

濾す:
加熱するとそぼろ(油かす)が出てきます。脂と分離したら、ざるでこして濾します。脂だけを取り除くことができたら、布巾やキッチンペーパーなどで細かく濾します。

冷やす:
濾した脂を冷蔵庫で冷やし、白くクリーム状になったら完成です。

濾す工程で残った搾りかすはそぼろとして活用できます。例えば、コロッケやそぼろあん、麻婆豆腐などに加えると、ひき肉の代わりとして別の料理にも活用できます。

まとめ

料理に使う脂にはさまざまな種類がありますが、コレステロールや栄養素など、自分に合った油脂を選ぶことが重要ですね。

1日の摂取基準量は男性で50〜100g、女性で40〜70gとされています。摂りすぎると肥満や生活習慣病のリスクが高まるため、各代用品も量に注意しながら健康を害さない程度に摂取しましょう。

また、ラードはご自宅で使うイメージがあまりない食材ですが、実際には様々な料理と相性が良く、使うことでコクが増し、料理の質が向上することもあります。

ラードや代用品を上手に活用して、おうちごはんを楽しんでくださいね!

ラードの代用品はあくまでも代わり

今回紹介したラードの代用品は、あくまでも代替品です。

そのため、完璧にラードの役割を果たすことはできません。

手軽に手に入る代用品を使って今日はしのぎ、次回からは本物のラードを用意しましょう!

タイトルとURLをコピーしました