調乳ポットは代用できる?水筒や普通のポットが代わりで使えるか解説!

今回は赤ちゃんのミルク作りに使う調乳ポットの代わりに、電気ケトルや電気ポットが適しているかどうかについて、詳しく検証してみます。

調乳ポットを買わずに、家にある電気ケトルや電気ポットを活用したい、または調乳以外の目的でも使用したいと考えている方には、この記事が役立つでしょう。

結論から言いますと、調乳ポットの代わりに電気ケトルや電気ポットを利用してミルクを作ることは可能です。機能面やミルクの作り方を考えると、電気ポットの方が適しています。

多くの人がミルク作り専用の機器である調乳ポットを利用した経験がないのではないでしょうか。家庭にある電気ケトルや電気ポットを使いたいと思いつつも、専用の調乳ポットが気になっているかもしれません。

毎日何度も行うミルク作り。できるだけ手軽に行いたいというのは当然のことです。そこで、調乳ポットの性能や利便性、そして電気ケトルや電気ポットとの比較について、詳しく見ていきましょう。

調乳ポットの代用で電気ケトルと電気ポットは使えるの?

子育て経験がなくても、調乳ポットを持っている人はほとんどいないでしょう。しかし、電気ケトルや電気ポットを持っている人はたくさんいるはずです。

私自身も電気ケトルと電気ポットの両方を所有しており、これらを有効活用したいと考えています。新たに調乳ポットを購入するのは無駄だと感じています。

そこで、このような状況にある人のために、ミルク作り専用の調乳ポットの代わりに、電気ケトルと電気ポットが使えるのかを調査してみました。

まず、調乳ポットがどのような機器なのかを見てみましょう。

調乳ポットは、ミルク作りに使用するお湯を作ったり、作ったお湯を保温するための機器です。つまり、ミルク作りに特化した機器といえます。

代表的な調乳ポットの一つであるコンビの「調乳じょ~ず」を例に挙げて、その機能について見ていきましょう。

調乳ポットの構造は、本体とガラスポットからなります。本体の加熱板の上にお湯が入ったガラスポットを載せることで、ミルクを作る際の理想的な温度である77~79度で24時間保温が可能です。

また、保温するお湯(白湯)は、水道水を10分以上沸騰させて作る必要があります。これは、残留塩素やトリハロメタンを除去するためです。通常はやかんで沸かしますが、調乳ポットではガラスポットに水道水を入れ、電子レンジでチンするだけで簡単に作ることができます。これは画期的な方法です。

調乳ポットの代わりに電気ケトル(例:ティファール)を使ってミルク作りが可能かについて、説明していきます。

電気ケトルを使ってミルクを作る場合、作り方が異なることに注意が必要です。

まず、電気ケトルの特徴として、短時間しか沸騰させることができないことが挙げられます。そのため、事前にやかんで水道水を10分以上沸騰させ、お湯(湯冷まし)を作り、冷蔵庫に保管しておく必要があります。

また、多くの電気ケトルには保温機能がついていないか、ついていても短時間しか保温できない場合があります。そのため、冷蔵庫に保管している湯冷ましを必要な分だけ沸かしてミルクを作る方法が一般的です。

ミルクの作り方は、まず100度に沸かした湯冷ましで粉ミルクを溶かし、それに冷えた湯冷ましを加えて一気に完成させる方法です。この方法ならミルクを冷ます時間が必要ないため、湯冷ましを沸かす時間と混ぜる時間だけで済みます。約3分ほどで作ることができるので、比較的早いです。

ただし、やかんでお湯を作り、それを容器に移して冷蔵庫に保管する作業が必要なため、少し手間がかかります。

一方、調乳ポットは電子レンジにガラスポットをそのまま入れ、10分間水道水を沸騰させることができます。そして、作ったお湯(白湯)は77~79度に保温することができ、24時間いつでも使えます。

ただし、粉ミルクを溶かすお湯を作る作業は簡単になりますが、ミルクを飲み頃の34~40度に冷ますのに時間がかかります。例えば200mlのミルクなら約5分ほどの時間が必要です。

まとめると、早くミルクを作りたい場合は電気ケトルを使用し、白湯を簡単に作りたい場合は調乳ポットが適しています。

調乳ポットの代わりに電気ポットを使用することができます。実際、電気ポットの方が機能面で調乳ポットに似ています。

一般的に、電気ポットには再沸騰モードが搭載されています。この機能を使って、連続してお湯(白湯)を沸騰させることができます。例えば、象印の『優等生CV-TY22型』などの商品が挙げられます。

そして、電気ポットで作ったお湯は保温されるため、24時間いつでも利用できます。

お湯が用意できたら、ミルクの作り方は基本的に調乳ポットとほぼ同じです。

まず、80度のお湯を適量入れて粉ミルクを溶かし、溶けたら足りない分を追加します。最後に、飲み頃の34~40度に冷やして完成です。

しかし、正直に言うと、氷水で冷やすのには意外と時間がかかります。

基本的に、ミルクの作り方は調乳ポットと電気ポットが似ていますね。

次に、同じような機能を持つ調乳ポットと電気ポットのどちらがより便利で使いやすいのかを、さらに詳しく掘り下げていきたいと思います。

調乳ポットと電気ポットミルク作りにはどちらを選べばいいの?

ミルク作りにおいて、『調乳ポット』と『電気ポット』のどちらを選ぶべきか、という問いについて考えますが、ズバリと言ってしまえば、電気ポットを選んだ方が良いでしょう。その理由は主に以下の2点です。

1. 調乳ポットはミルク作り専用であるため、汎用性が低い。
2. 電気ポットの方が容量が大きい。

調乳ポットはミルク作りに特化しており、他の用途にはあまり使えません。一方、電気ポットはミルク作り以外にも使えるため、無駄が少なく便利です。

また、容量の問題も重要です。電気ポットは2リットル以上の大容量タイプが多く、一方で調乳ポットは1リットル以下の小容量タイプが一般的です。赤ちゃんが1日に飲む量が多い場合、大容量の電気ポットの方が便利です。

ただし、電気ポットには劣る点もあります。それは、メンテナンス性やお湯を作る作業の面です。

例えば、コンビの調乳ポットは丸洗いできますし、お湯を作る際も電子レンジにガラスポットを入れてチンするだけで簡単です。

しかし、メンテナンス性やお湯を作る作業性が劣っていても、電気ポットの汎用性や大容量の利点から考えると、電気ポットの方が優れていると思われます。

まとめ:調乳ポットはわざわざ購入しなくてもOK!

今回、調乳ポットの代替として、電気ケトルや電気ポットでミルクを作ることが可能かについて詳しく解説しました。

結論から言いますと、調乳ポットの代わりに電気ケトルや電気ポットを使用してミルクを作ることは可能です。機能面やミルクの作り方においても、電気ポットの方が近い方法です。

電気ケトルは調乳ポットの代替として利用できますが、機能やミルクの作り方には違いがあります。

電気ケトルには沸騰機能が付いていないため、事前にやかんでお湯(湯冷まし)を沸かしておく必要があります。また、保温機能も基本的に付いていないため、冷蔵庫に保管している湯冷ましを必要な分だけ沸かしてミルクを作ることになります。

しかし、電気ケトルを使うと、ミルクをより早く作ることができるだけでなく、保温機能がないため電気代も節約できます。

調乳ポットの代用として、電気ポットの方がほぼ同等の機能を持っています。作り方も同様で、それぞれの機器でお湯を沸騰させ、24時間いつでも保温したお湯(白湯)を使用することができます。ただし、ミルクを冷やすのには時間がかかるというデメリットがあります。

私ならば、電気ポットの方を選ぶかもしれません。なぜなら、調乳ポットと比べてミルク作り以外にも使用でき、大容量なのでたっぷりのお湯を保温しておけるからです。

以上の解説を参考に、調乳ポットを買わずに家にある電気ケトルや電気ポットで代用することを検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました