靴底の滑り止めは家にあるもので代用できる?自分で滑りにくくするおすすめ品を紹介!

家にあるもので、靴底の滑り止めを代用する方法はたくさんあります。例えば、輪ゴムや絆創膏、靴下などを利用することができます。輪ゴムは簡単にはめるだけでOKですし、絆創膏はつま先や踵に縦に貼るだけで効果的です。靴下を靴の上から履けば、滑り止め効果が期待できます。これらの方法は手軽で、誰でも簡単に試すことができます。

また、雪道や凍結路面で滑らないようにするには、着脱式の靴底用スパイクが便利です。これらのスパイクは装着が簡単で、持ち運びにも便利です。雪が降っても、お気に入りの靴を履いて外出することができますよ。

靴底の滑り止めを家にあるもので代用するなら

雨の日や地面が滑りやすい日に、靴底の滑り止め対策をしたい場合、家にあるものを利用すれば簡単に解決できますよ。

具体的には、太めの輪ゴム、絆創膏、そして靴下が有効です。これらのアイテムは、多くの家庭にあるものであり、手軽に利用できるでしょう。

自分で対策する方法

太めの輪ゴムを使用する

輪ゴムを靴の先にはめるだけなので、とても簡単です。平たい幅広のゴムを使用すると、地面との接地面が増えるため、滑り止め効果が高まります。

しかし、太めの輪ゴムはなかなか見つけることが難しいですね(少なくとも私の家では見かけません)。その場合は、普通の細い輪ゴムを束にして使用すると良いです。輪ゴムを10本程度束ねると、効果的なゴム感が得られます。

絆創膏を貼る

絆創膏を使った滑り止めは、初めて知った時は驚きました。警視庁のホームページで紹介されており、試してみると本当に滑らなくなりました。

やり方は非常に簡単で、つま先と踵の部分に縦に絆創膏を貼るだけです。

雨や雪の日には、水分や摩擦で絆創膏が剥がれそうに感じるかもしれませんが、意外にも絆創膏は丈夫で、しっかりと靴底に貼りつきます。

絆創膏を靴底にしっかり貼り付けるには、2つのポイントがあります。

1. 靴底の汚れや泥、水滴などをしっかり落とす。
2. 空気が入らないように、指で押さえながら、しっかり貼る。

これらのポイントに気をつけて貼れば、絆創膏はなかなか剥がれません。

靴下を履く

靴の上から靴下を履く方法も効果的です。かかとまで履くのは難しいので、土踏まずの部分まで靴下を被せる感じになります。

これは海外の女性が、凍結した路面で滑らないように考案した方法だそうです。使い古した靴下であれば、使用後にそのままゴミとして処分できます。

ただし、靴下が小さいと、靴に履かせるのが大変です。ルーズソックスや厚手の大きめの靴下なら、何とかつま先まで被せることができます。

確かに滑りにくくなりますが、足元が目立つため、結構恥ずかしいです。学校や職場までこの状態で行くのは、勇気が必要かもしれません。

ダイソーで滑り止め売ってるよ

滑り止めをしっかりとするには、靴リペア専門店などに持っていくと、つま先やかかとを含めて数千円かかることがあります。

しかし、ダイソーでは靴の滑り止めアイテムが販売されています。靴の修理専門店で提供される靴底すべり止めパッドだけでなく、紳士靴用の滑り止めステッカーもあります。

これらのアイテムは、靴底を清潔にし、粘着テープで貼るだけなので、簡単に使用することができます。

100均アイテムで滑り止めの代用をするなら

ダイソーで販売されている『べんりベルト』という商品は、束ねるためのゴムバンドです。これは段ボールや本、雑誌、ブランケットなどを束ねてまとめるのに便利なアイテムです。

1本のゴムバンドなので、靴の形に合わせて巻き付けることで、先程紹介した『輪ゴムを使った滑り止め対策』と同じように使用できます。

3本入りで100円(税抜き)という手頃な価格なので、経済的に滑り止め対策ができます。一時的な滑り止め対策を求める場合に便利です。

セリアでも同様の商品が『フリーバンド』として販売されており、キャンドゥでは『便利ゴムベルト』という商品が見つかります。

セリアとキャンドゥの商品は2本入りですが、ダイソーの3本入りがお得です。2つ購入すれば、3足分の滑り止め対策が可能です。

まとめ

輪ゴムを使う場合、靴と同じ色のものを選ぶと目立ちにくくなります。

靴の裏に絆創膏を貼る場合、後ろを歩いている人から『何か踏んでますよ』と指摘される可能性もあります。

また、足を組んで座った際に、靴底が他の人に見えやすくなることにも注意が必要です。

予備の絆創膏を持ち歩き、職場に着いたら剥がして、帰宅するときに新しいものを貼り直す方法もあります。

タイトルとURLをコピーしました