ラッシュガードの代わりになるものは?Tシャツなど代用品を紹介!

夏のアウトドアアクティビティと言えば、最初に思い浮かぶのは海水浴でしょう。

海へのお出かけは、子供も大人も楽しみにしているイベントの一つです。海でさまざまな生き物を観察したり、アスレチックのような岩場を探索したりすることで、日常のルーチンとは異なる体験ができますね。

ただし、普段とは違う環境には、潜在的な危険も潜んでいます。海で刺される生物がいたり、岩場でバランスを崩して転んでしまい、怪我をするリスクも忘れてはいけません。

こうした危険から身を守るために、近年注目されているのがラッシュガードです。夏が近づくにつれ、水着売り場でよく見かけるようになりました。

しかし、「ラッシュガードって何?」と疑問を抱く人もいるでしょう。海での安全性を実感できるとしても、海に行く機会が限られていたり、わざわざ新たなアイテムを購入するのに躊躇することもあるかもしれません。

特に子供を考える場合、彼らは毎年成長してしまうので、高価なラッシュガードを毎年買い替えることには抵抗があるかもしれません。

そこで、この記事ではラッシュガードに関する知識をまとめつつ、代わりに使えるアイテムを2つ紹介してみたいと思います。

ラッシュガードとは

ラッシュガードというアイテムが一般に広まり始めたのは、ここ数年のことです。

このアイテムは、その名前からもわかる通り、守ることを目的としています。しかし、「ラッシュ」の意味はあまり一般的ではありません。実は、この「ラッシュ」という言葉は、サーファーたちの間で使われる言葉で、「擦り傷」を指します。

つまり、ラッシュガードは、擦り傷から身を守るためのアイテムなのです。

最初はサーフィンをする際に、クラゲに刺されたり、岩肌で擦り傷を作ったり、体温が下がることを防ぐために使用されていました。しかし、最近ではその便益がサーフィン以外のアクティビティでも注目されるようになりました。

海水浴や山登りなど、安全性が重要な場面で活用できるという理由から、ラッシュガードはますます普及しています。この傾向に伴い、デザイン性の高いラッシュガードも増え、一般に広まる過程となっています。

ラッシュガードの主な機能は、怪我を防ぐことと紫外線をブロックすることです。怪我を防ぐためには、通常の水着では露出してしまう肌を保護します。ラッシュガードは、動きを制限しない程度に厚みがあり、怪我を予防するのに効果的です。

また、紫外線対策も重要です。通常、海水浴では日焼け止めを塗り直す必要があり、手間がかかります。しかし、ラッシュガードはUV対策加工が施されており、高いUVカット率を提供します。

ラッシュガードの代用品を選ぶ際の要点は、怪我防止とUV防止の能力です。これらの機能を持つアイテムは、ラッシュガードの代用品として選択肢として考えられます。以下では、代用品として利用できるアイテムを紹介します。

ラッシュガードの代用品:シャツ

最初におすすめする代替品は、シャツです。

通常のシャツでは、ラッシュガードのような機能を提供するのは難しいかもしれませんが、怪我防止やUV対策を考えた海のアクティビティ用として適しているシャツがあります。

その代用品としてお勧めするのは、野球用のアンダーウェアです。

野球のユニフォームの下に着るために設計されており、体にぴったりとフィットします。海に入っても自由な動きを妨げません。

さらに、多くの汗をかくことを考慮して作られており、速乾性のある素材で製造されています。また、UV対策も備えています。

見た目もラッシュガードに似ており、派手に目立つことはありません。

ノーブランドの商品であれば、1,000円程度で購入できるため、手軽に入手できます。既に持っている場合は、それを活用することもできます。

ラッシュガードの代用品:パーカー

パーカーというと、海水浴にはあまり適していないように思えるかもしれませんが、一般の海で楽しむ際には、特定のマリンスポーツを行わない限り、一部のパーカーは適していることがあります。

ラッシュガードの代替品としておすすめするのは、ユニクロの「エアリズムUVカットメッシュパーカー」です。

このパーカーは非常に軽量で、持ち運びが簡単であり、速乾性があり、名前通りUVカット効果がある優れたアイテムです。

価格も1,990円と手頃なので、手軽に入手できるでしょう。

また、夏が終わった後でも、通常の服として使用できるので、コスパも良いと言えます。

ラッシュガードの代用品のUVカット機能の強化

先ほどご紹介した代替品にはUVカット機能が備わっていますが、さらに強力なUVカットを望む場合、衣類用のUVカットスプレーを使用することをおすすめします。

安価なものでも1,000円未満で入手でき、普段の衣類にも使えるため、手持ちに置いておくと便利です。

UVは肌に有害な影響を及ぼすことが知られていますが、日光を浴びている間はその影響を感じにくいことがあります。

気付いたときには肌にダメージが蓄積してしまうことがあるため、予防策としてUVカットスプレーを持っておくことは賢明です。

過度に神経質になる必要はありませんが、UVカットスプレーを用意しておくことで、肌へのケアを行う簡便な方法として活用できます。

まとめ

以上、ラッシュガードについての説明と、その代替品として利用できる2つのアイテムについてご紹介しました。

海は本当に魅力的な場所で、特に子供たちははしゃいで日光を浴びたり、危険な場所で遊んだりすることがあります。

しかし、何か問題が起きてからでは手遅れです。したがって、この記事で説明し、紹介した情報を覚えて、事前に安全対策を講じることが非常に重要です。

安全な海水浴を楽しむために、今回の情報を活用してください。

タイトルとURLをコピーしました