Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/marketable/gotogaterecords.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 2620

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/marketable/gotogaterecords.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 2620

Warning: Trying to access array offset on value of type bool in /home/marketable/gotogaterecords.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master/lib/utils.php on line 2648

お弁当カップの代用でおすすめは?クッキングシートや作り方も紹介!

お弁当カップが手元にないとき、代用できるアイテムもありますよね。

クッキングシートはその一つ。

お弁当箱をきれいに仕切る作り方を知っておくと便利です。

そこで今回は、

お弁当カップの代用品①

お弁当カップの代用品②

お弁当カップの代用品③

カップを使わずにお弁当を詰める方法

についてご紹介します。

お弁当カップの代用品①?

 

お弁当カップの代用品①はこちら↓↓↓

 

・クッキングシート

 

クッキングシートを使用してお弁当カップを手作りする方法は非常に簡単です。

以下に手順を紹介します。

①クッキングシートを選び、お弁当カップの大きさに合わせて適切なサイズに切ります。

②切ったクッキングシートを半分に折ります。このとき、お弁当箱に収めるための深さに合わせてシートを折ります。

③折りたたんだクッキングシートを円形に巻き、お弁当カップの底部分を作ります。その後、必要に応じてクッキングシートを上方向に広げ、お弁当カップの高さを調整します。

④クッキングシートがしっかりと底部になるように押さえ、安定感を確保します。

⑤お弁当箱に手作りのクッキングシートカップをセットし、お好みの具材やおかずを詰めて完成です。

 

手軽にお弁当用の仕切りを作りたいなら、クッキングシートが便利です。

折り紙感覚で簡単に仕切りを手作りすることができます。

クッキングシートで仕切りを手作りすると、オーブン調理ができる、ご飯とくっつかない、水分がご飯にもれないなどのメリットがあります。

例えば、クッキングシートで手作りした仕切りにグラタンの材料を入れてオーブンで焼き、冷めたらそのまま弁当箱に詰められます。

クッキングシートは水分をしっかり保護するため、果物を入れるのにも最適です。

お弁当カップの代用品②は?

 

お弁当カップの代用品②はこちら↓↓↓

 

・アルミホイル

 

アルミホイルを簡単にカップ状に仕上げたい方には、もっと綺麗な仕上がりを求める方にもおすすめの方法があります。

アルミホイルの上に使用するコップやグラスを置き、その形に合わせてアルミホイルをクシュクシュっと折りたたむだけです。

コップを外すと、美しい円形の代用カップが完成します

。この方法は、コップ以外にもグラスや小鉢などを使うことができるため、様々なサイズのカップを手作りすることができます。

手軽で簡単な手法でありながら、美しさを追求する方にとって理想的な代用カップの作り方です。

お弁当カップの代用品③は?

 

お弁当カップの代用品③はこちら↓↓↓

 

・紙コップ

 

紙コップを使用してお弁当カップを作る方法は簡単です。

以下に手順を説明します。

 

①使い捨ての紙コップを選びます。サイズや形状はお弁当箱に合わせて選びましょう。

②紙コップの底を切り取ります。カップの高さはお好みに合わせて調整できます。

③紙コップの側面を上方向に向けて、お弁当箱にセットする部分に合わせて適切な高さまでカットします。これにより、お弁当箱の高さに合わせたカップができます。

④カットした紙コップをお弁当箱にセットします。底の部分がおかずを包み込むように配置し、側面が仕切りとして機能します。

⑤カップの中にご飯やおかずを詰め込みます。これにより、お弁当の仕切りとして役立ちます。

 

この方法は手軽で使い勝手が良く、お弁当の具材を分けて収納するのに便利です。

お好みやお弁当箱の形に合わせてアレンジしてみてください。

カップを使わずにお弁当を詰める方法は?

 

カップを使わずにお弁当を詰める方法はこちら↓↓↓

 

ごはんにおかずを盛り付ける際、以下の手順でアレンジすることで、おかずがしっかりと固定され、美しく盛り付けられます。

 

①ごはんの上にメインおかずとサブおかずを分けるように仕切りを入れます。

②形の決まったサブおかず(例:卵焼きなど)を美しく配置します。

③形の定まらない副おかず(例:ポテトサラダなど)を隙間を埋めるようにして配置します。

④空いたスペースや気になる部分に、隙間おかず(例:カニカマなど)を巧みに追加します。

 

この順番で詰め込むことで、おかずが動かないようになり、ごはんとの調和が美しく保たれます。

ぎっちりと詰め込んで、見た目も楽しいお弁当を作りましょう。

まとめ

今回は、お弁当カップの代用品①、お弁当カップの代用品②、お弁当カップの代用品③、カップを使わずにお弁当を詰める方法についてご紹介させていただきました!

 

・お弁当カップの代用品①はクッキングシート

・お弁当カップの代用品②はアルミホイル

・お弁当カップの代用品③紙コップ

・カップを使わずにお弁当を詰める方法は順番を工夫する

 

ぜひ試してみて、オリジナルのカップで食卓を彩ってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました!!!

タイトルとURLをコピーしました