ハサミがない時の代用は?コインやリボンが代わりになるか解説!

カードやクレジットカード、またはデビットカードが役立ちます。ダンボールなどを切るときに、これらのカードのエッジを利用して、少し力を入れて切ることができます。

特に、カードの角を使うと、比較的きれいな切り口を得ることができます。カードは一般的に手元にあり、安全な代替手段として使用することができます。

カッターやハサミがないときの代用アイテム

ダンボールを開封するとき、一般的にはカッターが使われますが、実はそれだけでなく、普段持ち歩いているボールペンでも簡単に開封できます。ダンボールの蓋は通常、ガムテープで密閉されていますが、写真のようにボールペンを蓋の隙間に差し込んで引けば、簡単に開封できます。この方法は、私が事務員をしていたときに先輩社員から教えてもらったものです。大量のダンボールが届いたときなど、時間の節約になります。

ただし、ダンボールを特定の形に切り抜く場合は、カッターやハサミが必要です。ボールペンだけでは切れないでしょう。

また、紙を切る場合も同様に、一般的にはハサミやカッターが使用されます。特に封筒を開けるときには、素手で開けると中身が破れてしまう可能性があります。しかし、薄い紙であれば定規やペーパーナイフでも十分に切れます。以下に、紙を切るときに役立つ身近なアイテムをまとめました。

– 定規
– ペーパーナイフ
– スプーン

切り方は簡単です。紙を折り、その折り目に沿ってスーッと切り込みを入れればOKです。定規やスプーンを使用すると、切断面が少々荒れることがありますが、封筒を開ける程度であれば問題ありません。しかし、キレイに切りたい場合は、やはりペーパーナイフがおすすめです。

お菓子を楽しもうとして、プラスチックの袋をパッと開けたら…袋が破れて、中身が床に散らばってしまうことがありますよね。そうなると、お菓子を拾い集めるのがかなり手間です。
私もポテトチップスを開けるときに、たまに失敗します。

そんなとき、ハサミが手元になくても、簡単に袋を開ける方法があります。必要なのは10円玉2枚だけです。

袋の両端を10円玉で挟んで、そのまま手で引っ張るようにして袋を開けます。この方法で、袋に切れ目がなくてもキレイに開封できます!

これは、出先でハサミがないときに役立ちそうですね。警視庁警備部災害対策課が2017年10月25日にTwitterで紹介した方法です。災害時や避難所でハサミがないときに、この裏ワザを知っておくと便利です。

また、タグや小さな物を切るときは、爪切りを使うと便利です。ただし、生地を傷つけないように気をつけてください。

子供も使える!カッターの安全な代用品

この記事を読んでいる人の中には、「カッターはあるけど、子供に使わせるとケガをしないか不安」という方もいるでしょうね。

子供がカッターを使う際に、指を切ったりすることを心配するのは当然のことです。

紙を切るだけであれば、先ほどの方法で定規やペーパーナイフを使えば問題ありませんが、工作でダンボールなどの固いものを切る場合、定規では切れないことがあります。

しかし、安心してください。実は『キッズカッター』という子供向けのカッターが販売されています。この商品は、子供が安全に使えるように設計されています。刃の露出が少なく、子供が握りやすいフォルムになっているため、安心して使用できます。価格も手ごろなので、工作用に購入しても良いでしょう。

代わりになるものまとめ

ハサミが手元にない場合でも、代替となるアイテムがいくつかあります。

以下は、この記事で紹介した内容のおさらいです。

– ダンボールの開封:ボールペンを代用できます。
– 紙を切る:定規、ペーパーナイフ、スプーンを代用できます。
– タグなど小さな物を切る:爪切りを代用できます。
– プラスチック製の袋を開ける:10円玉を挟んで破くことができます。

外出先でハサミやカッターが見当たらない場合、上記の方法を試してみてください。それではここまで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました