ドーナツの型の代用はアルミホイルでいい?手作りできるかも紹介!

ドーナツの作り方は、お菓子作りの中でも比較的手軽なものです。

これまで全くお菓子作りを試したことのない方でも、最初のステップとして取り組むことができ、また、子供たちと一緒に楽しむのにも最適です!

ただし、専用のドーナツ型を持っていない家庭も多いでしょう。しかし、ご安心ください。ドーナツの型は、他のさまざまなアイテムで代用できるのです。

見た目にもかわいらしさを損なうことなく、もちろん味にも影響を及ぼしません。

この記事では、その代用品として7つのアイデアをご紹介します。

ドーナツの型の基礎知識

ドーナツの作り方には、「揚げて作る」と「焼いて作る」の2つの方法があり、それぞれに対応するための型が存在します。揚げドーナツと焼きドーナツは、生地の硬さや調理方法に違いがあるため、型も使い分けが必要です。

揚げドーナツを作る場合、生地を薄く伸ばし、型を使ってくり抜き、それを揚げます。この場合、生地は比較的硬くなります。型から生地を取り出すために、型に油を塗るなどの工夫が必要です。したがって、型の代用品は、硬い生地を型抜きでき、生地を型から簡単に取り出せることが重要です。

焼きドーナツを作る場合、型に生地を入れてオーブンやトースター、電子レンジで焼きます。揚げドーナツと比較して、生地は柔らかめですし、型抜きの工程も不要です。したがって、焼きドーナツ型の代用品は、一定の深さがあることと耐熱性を備えた容器であることが求められます。また、焼く方法によっても選択肢が異なります。

揚げドーナツ型と焼きドーナツ型、それぞれに対する代用品を以下で紹介します。

揚げドーナツ型の代用品1:お椀&ペットボトルの蓋

揚げドーナツを作る際、手軽でおすすめの代用品はおそらく、ほとんどの家庭にあるものだと思います。また、内側に油を塗る処理も簡単ですので、特に手間がかかりません。

味噌汁用のお椀は、一般的に売られているドーナツとほぼ同じ直径を持っています。そのため、これを型として使用すると、サイズ的にもぴったりの生地を型抜きできます。もちろん、必ずしも味噌汁用のお椀を使う必要はありません。

代わりに、真ん中に穴を開けるためのペットボトルの蓋よりも大きいものであれば、例えばコップなどでもしっかりとした型抜きができます。こうした代用品を活用すれば、揚げドーナツの作成が簡単に行えます。

揚げドーナツ型の代用品2:お椀&クッキーの型

ペットボトルの蓋の代わりに、クッキーの型を使用することでも、穴の開いた素敵なドーナツを手作りできます。

クッキーの型を使う際には、ただの円形ではなく、特徴的な形状のものを選ぶことをおすすめします。例えば、ハートの形のクッキー型を使用すれば、非常にかわいらしいドーナツができあがります。

100均ショップなどで入手できるさまざまな型を活用すれば、子供たちと一緒に作業する際に楽しい体験になることでしょう。

さらに、大きめのクッキー型を使用すれば、そのまま外側をくり抜くこともできますので、大きなハート型のドーナツを揚げることも可能です。こうしたアイデアを取り入れて、おしゃれで美味しいドーナツを楽しんでください。

揚げドーナツ型の代用品3:ビニール袋など

型抜きとは異なる方法ですが、ビニール袋などを使用して生地を絞り出すことで、ドーナツの形を作ることができます。

まず、袋の中に生地を入れます。そして、袋の端をハサミで切ります。これにより、袋が一種の絞り器のようになります。次に、クッキングシートなどの上に生地を自分の好みの形に絞り出すだけで、あとはそのまま揚げるだけです。

揚げる際には、クッキングシートごと揚げることをおすすめします。これにより、作った形を崩すことなくドーナツを揚げることができます。

ちなみに、ハサミで切った穴に生クリームの絞り口を当てると、面白い形の生地を絞り出すことができますので、ぜひ試してみてください。この方法を活用すると、独自のドーナツのバリエーションを楽しむことができます。

揚げドーナツ型の代用品4:スプーンなど

これまでの代用品は、通常の「真ん中に穴の開いたドーナツ」を作るための方法でしたが、ドーナツには穴が必要なルールはありません。実際、穴のない小さなドーナツを作る場合、生地をスプーンですくって、熱した油に落とすだけで簡単にできます。

形はシンプルになりますが、それでも十分に美味しいものを作ることができます。この方法は手軽で迅速なので、特に穴のない小さなドーナツを作る際には最適です。

また、たくさんのドーナツを作り、さまざまなトッピングを楽しむことで、見た目にも楽しさをプラスすることができます。ドーナツ作りを通じて、自分だけの特別なバリエーションを試してみるのも面白いかもしれません。

揚げドーナツ型の代用品5:手

最後の手段として、手で生地を直接好きな形にまとめて揚げることでも、ドーナツを作ることができます。

特に小さな子供がいる場合、この方法を使って子供たちが自分でドーナツを作るのも素晴らしいアイデアかもしれません。

穴の空いたドーナツを作る場合、まず生地を棒状にし、その端を繋げる方法が一般的ですが、揚げる際に接合部が離れないよう、しっかりとくっつけることが大切です。この方法を通じて、家族や友人と一緒に楽しいドーナツ作りの体験を共有することができます。

焼きドーナツ型の代用品1:アルミ箔

焼きドーナツの型の代用品として、アルミ箔が利用できます。

まず、作りたいドーナツの形に合わせて、アルミ箔で型を手作りします。お椀やマグカップなどを使用すれば、簡単に自分好みの型を作成できます。

その後、作成した型に生地を流し込み、オーブンなどで焼くだけです。注意すべき点として、焼きドーナツの生地は比較的緩めですので、型からこぼれないように注意が必要です。アルミ箔の強度に不安がある場合は、牛乳パックなどを使用して補強することもできます。これにより、自宅で簡単に焼きドーナツを楽しむことができます。

焼きドーナツ型の代用品2:他のお菓子の型

お菓子作り用の専門の型は、ドーナツ以外にもさまざまな種類があります。例えば、マドレーヌやマフィンの型などがあります。

これらの型を使ってドーナツを焼くことも、もちろん可能です。穴の空いたドーナツではなく、しっかりとした形状のドーナツを作ることができます。専門の型を利用すれば、簡単に美味しいドーナツを焼くことができますし、そのバリエーションも広がります。お菓子作りの楽しみをさらに広げるために、他の型も利用してみるのは素晴らしいアイデアです。

ドーナツ型の代用品を使う注意点

ドーナツの型を代用する際には、注意すべき点がいくつかあります。

まず、大きすぎる型を使用しないように注意してください。生地が大きくなりすぎると、中まで均等に火が通りにくくなります。焼く時間を長くしすぎてしまうと、外側が焦げやすくなります。適切なサイズの型を選ぶことが重要です。

次に、他のお菓子の型を使用する場合、底が外れるタイプの型は避けましょう。焼きドーナツの生地は比較的緩いため、隙間から生地が漏れる可能性があります。

電子レンジで作る場合、アルミ箔や金属製の型は絶対に使用しないでください。これらの素材は電子レンジで使用する際に火災の危険性があるためです。電子レンジを使用する際には、代用品の材質に特に注意を払いましょう。安全第一でお菓子を作ることが大切です。

まとめ

揚げドーナツ型の代用品5つと焼きドーナツ型の代用品2つ、合計7つをご紹介しました。

初めてお菓子作りに挑戦する人でも気軽に作れるドーナツは、手作りの楽しみを味わえる素晴らしい選択肢です。

この代用品は、手間をかけずに使えるものばかりですので、お菓子作りの初心者から上級者まで、誰でも試してみることができます。ぜひ一度挑戦して、美味しい自家製ドーナツを楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました