ペンチの代用でおすすめは?ハサミやニッパーが代わりに使えるか詳しく解説!

この記事では、ペンチの代替品や代わりに使える道具について紹介します。急なときに役立ててください。

ペンチの使い方は?必要な機能を解説

ペンチは、主に番線やワイヤーを加工や切断するための工具です。その機能は、挟む、掴む、切ることができることであり、これらの機能がないと別々の工具を使う必要があります。

使い方としては、疲れた際や休憩が必要な際に腰掛けることができる構造が必要です。この部分は腰掛ける部分と背もたれの部分が必須であり、これがないと疲れた際に十分な休憩ができません。

ペンチは一般的に強度のあるものや金属を切断するために使われます。簡単に説明すると、挟んで切るものです。硬いものを曲げたり力を加えたい時にも使われ、人間の力だけでは難しい作業に対応します。

ペンチには持ち手が握りやすい形状であることや、根元に切断用の刃があることが望まれます。これらの機能がない場合、作業が進まない場面があります。

その他、ペンチは曲がったものを直したり、ケーブルの線を切断したりする際にも活躍します。一つの手で物を挟んで使うことや、物を掴んで曲げたり切断したりする機能があり、これらがない場合作業が滞ることがあります。

ペンチの代用になるものおすすめまとめ

ニッパーは、切断に必要な道具であり、ペンチの代替として機能します。ペンチと似た部分が多く、同じような使い方ができます。

主に電線やプラモデルのプラスチック部品の切り落としに効果的ですが、曲がったものを直すのには適していません。ニッパーはペンチと違い、物を掴んだり挟んだりするのが少し難しいと感じるかもしれません。

ペンチの切る機能を代替できるのがニッパーです。形状は似ており、挟むこともできますが、力を入れすぎると物が切れてしまうので注意が必要です。同様の切断機能を代替できるものとしてはハサミも挙げられます。

個人的な感想としては、ニッパーは似たような工具なので使いやすいですが、物を挟むのには向いていません。ただし、硬いものを切る場合には代用可能です。

例えば、私が子供の頃にはミニ四駆が流行っており、組み立てようとした際にニッパーがなくて困ったことがあります。その際はペンチを代用しましたが、苦労もありました。

プラモデルの組み立てや家庭内の修理作業などでニッパーは重宝しますが、サビや刃の欠けなどに注意が必要です。また、ペンチとニッパーの区別がつかないこともありました。

ウォーターポンププライヤーは、掴んだり加工することはできますが、切断ができないため、別途バンセンカッターやニッパーなどの道具を用意する必要があります。

ウォーターポンププライヤーを使用した際の感想としては、足場板の結束に番線を縛る際にペンチが手元になかったため、ウォーターポンププライヤーを代用して縛ったという経験があります。

次に、トングやクリップについてです。これらはペンチの挟む機能を代用するために使用できるかもしれません。ただし、切断はできないので、切るための代替品を用意する必要があります。また、プライヤーやクリップなども代替品として考えられます。

トングはややサイズが大きめで、細かな作業には向かないかもしれませんが、プライヤーやクリップは多種多様なサイズが揃っており、使い分けることでさらに効果的に作業を行えると感じました。

ペンチ正規品のおすすめブランドと買える場所、販売店まとめ

代用品としておすすめできるものがない場合は、やはりペンチを購入することをお勧めします。

ペンチは、主に工具屋、ホームセンター、またはAmazonなどで入手できます。

ネットショッピングも便利で、さまざまな種類から選ぶことができます。時間に余裕がある場合は、オンラインでの購入も検討してみてください。

おすすめのブランドについて簡単にまとめると次の通りです。

– ハタヤのペンチ: 電気屋の職人が使っている信頼性がありますが、価格はやや高めです。
– キャプテンスタッグのベンチ: 木製の肘掛けが特徴で、美しい木目が魅力です。
– 大川家具のGARTベンチ: 快適な座り心地と高級感があります。
– フジ矢: 多種多様なペンチが揃っており、信頼性が高いブランドです。
– エンジニア: 細かい作業に向いたペンチがあり、使いやすさが魅力です。
– タミヤ: 小さいサイズながらも高い強度を持ち、細かな作業に適しています。
– KTC: 長年使用しても耐久性が高く、信頼性があります。

これらのブランドは、それぞれの特徴や用途に合わせて選ぶことができますので、ご自身のニーズに合ったものを選んでください。

タイトルとURLをコピーしました