スプレー缶の穴あけは代用できる?缶切りやドライバーは代わりになるか解説!

みんな、スプレー缶の穴開け、少し難しく感じませんか?

だから、今回は、家にある身近なものでスプレー缶に簡単に穴を開ける方法をご紹介します。

スプレー缶のガス抜きとマナー

スプレー缶を使い切ると、通常はわずかに残った圧縮ガスがありますね。

私は個人的なマナーとして、スプレー缶からガスを完全に抜きます。

そして、缶に穴を開けて内部の圧縮ガスを完全に放出し、その後でスプレー缶を廃棄します。

これが一般的なマナーだと思います。

この記事で対象とするスプレー缶

この記事では、日常生活で使われるスプレー缶に焦点を当てます。

具体的には、靴の消臭スプレーやわきの下に使用するデオドラントスプレーのようなものです。

ガスコンロや塗料など、専用の道具が必要なスプレー缶は今回の対象外です。

家庭にあるもので簡単にスプレー缶に穴をあけガス抜きする結論

今回の結論はこうです。

家庭にある身近な道具を使用し、費用をかけずに安全に日用品のスプレー缶から空気を抜く方法です。

私の結論は、ドライバーを使用してスプレー缶に穴を開け、ガスを抜く方法です。

これにより、費用をかけずに安全にガスを抜くことができます。これが私の結論です。詳細について説明していきます。

スプレー缶に穴をあける一般的な商品

一般的なスプレー缶穴開けの商品は、さまざまあります。

たとえば、次のような商品があります。確かに、スプレー缶に専用的で便利な穴を開けることができます。

スプレー缶に穴をあける専用道具は本当に必要か?

スプレー缶に穴をあける専用商品は確かに便利ですが、必要性について考えさせられますね。

私は一人暮らしで、不要なものはできるだけ持ちたくないタイプです。また、無駄な出費は避けたいと考えています。

そのため、「身近なものでスプレー缶に簡単に穴をあける方法はないだろうか?」と考えるようになりました。

そうすれば、家に不要なものを置かずに済むと思います。

スプレー缶に穴をあける代用品アイデア

スプレー缶に穴を開ける専用の道具は必要ないと考えていた私。

家にある身近なもので簡単にスプレー缶に穴を開ける方法を模索していました。

そこで、ひらめいたのがこれでした。

そう、プラスドライバーです!

先端が尖っていて、グリップもしっかりしていて丈夫。スプレー缶の穴開けに最適だと思いました。

また、どの家でも身近なものなので、使い勝手も良いと感じました。

スプレー缶のガス抜きをプラスドライバーで実践してみた感想

実際に私は、プラスドライバーを使ってスプレー缶に穴を開けてみました。私はよくベランダでこれを行います。

・スプレー缶の中の圧縮ガスを完全に抜く
・プラスドライバーでスプレー缶に穴を開ける

簡単に、スプレー缶に穴を開けることができました!

余談1/スプレー缶のガス抜きは室外でやるほうがよい

ちなみに、テレビ番組で紹介されていたのですが、スプレー缶のガス抜きは屋外で行うほうが安全だそうです。

室内では密閉されているため、破裂などの危険があるとのことです。外では密閉されていないので、安全性が高まります。

私はこのような知識を持っているので、スプレー缶に穴を開けてガスを抜くときはベランダで行います。

一般家庭にはベランダがあることが多いと思いますので、ベランダでの作業がより安全です。

これはテレビ番組からの余談ですが、安全を確保するためには重要な情報ですね。

生活用スプレーの穴あけ手順

私がいつも行っている生活用スプレーの穴あけ手順を簡単に説明します。参考にしてください。

① スプレー缶の圧縮ガスを完全に放出する

→ スプレー缶の中にガスが残っていると、穴を開けたときに爆発する恐れがあるので危険です。必ずスプレー缶に穴を開ける前に、ガスをすべて抜いてください。(ガスを完全に放出することが重要です)

② ベランダに移動し、ベランダでスプレー缶に穴を開ける

→ 室内で穴を開けるのは比較的危険です。安全性を考慮して、通気の良いベランダで穴を開けましょう。(ベランダでの穴開け作業が安全です)

③ 一方の手でスプレー缶を固定し、もう一方の手でドライバーを持ち、スプレー缶に穴を開ける

→ 私の場合、スプレーのノズル部分を抑え、スプレーの底近くに穴を開けます。

これが私がよく行う、スプレー缶の穴あけ方法です。

プラスドライバーでのスプレー缶の穴あけメリット

プラスドライバーでスプレー缶に穴を開けるメリットについていくつか挙げてみます。

– どこの家にもある道具で、簡単にスプレー缶に穴を開けられる。
– 無駄な費用やお金がかからない。
– 不要なものを置かずに済む。
– 一石二鳥の効果がある。
– 使いやすくて便利。

デメリットは特に見当たりません。

今までの経験談

プラスドライバーを使ってスプレー缶に穴を開けてガスを抜く方法は、実は私が思いついてから早くも10年近くになります。

きちんと圧縮ガスを抜いて(少しは残るかもしれませんが…)、そしてベランダで穴を開ける作業を行えば安全です。

これまで何のトラブルもなく、スプレー缶のガス抜きを行っています。

やはり、スプレー缶のガス抜きをする際には、圧縮ガスをしっかりと抜くことが非常に重要だと感じています。

提供するアイデアは、自己責任でのご利用をお願いいたします。万一の事態については、私は一切の責任を負いかねます。

余談話2/ スプレー缶とファンヒーターは危ない

テレビ番組で放送されていた内容についてですね。

実証実験で、ファンヒーターの熱とスプレー缶のガスが引火して爆発する映像を見ました。

特に狭い部屋で冬場などは、誤ってやってしまいそうな状況ですね。

その映像を見た後は、私もデオドラントのスプレー缶を使う際にはファンヒーターを消すようにしました。

このような事故を防ぐために、ファンヒーターとスプレー缶のガスによる引火には十分ご注意ください。それぞれ単体では危険ではありませんが、複合すると危険となる可能性があることを覚えておいてください。

まとめ

各自治体によって異なるかもしれませんが、一部の地域ではスプレー缶のガスを抜かなくてもよい場所があるようです。しかし、使い終わったスプレー缶に穴を開けてガスを抜く作業は、日常的に行われています。

この作業には余分な費用をかけたくないし、あまり使わない商品も置きたくないという考えがあります。

そこで、プラスドライバーを使って缶に穴を開けるアイデアが生まれました。

この方法は非常に便利です。興味のある方はぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました